モリログ

本とか、お金が好きな20代意識高い系育児サラリーマンのブログです。 

【ドラマ】わたし、定時で帰ります。をみて。

こういう社会派ドラマは大好きなので見ました。ほんとは録画してみようとしたけど冒頭見たら止まらなくなってしまい、やる予定だったタスクを先延ばししました。せっかく定時で上がったのに。。。

f:id:mon3221:20190417233340j:image

わたし、定時で帰ります。

わたし、定時で帰ります。

 

原作読みたい、、、

 

定時に帰るという技

働き方改革が叫ばれる中、このドラマは世の中にとてもいい影響を与えるのではないでしょうか。定時で帰ることを肯定する雰囲気を少しでも世の中に広める気がします。

それにしても主人公の東山さんはよくできる人の設定なようでして、まさしく組織人にとって理想的な人物像じゃないでしょうか。

わたしの前職会社の上司も似たような感じで、定時になるとすぐ帰っていました。そんな上司を見て育ったので、わたしも定時上がり推奨派です。

 

環境適応できない人

ドラマの中では第1話では、仕事命の皆勤賞女、三谷が出てきます。いわゆるTHE仕事人間というような人ですね。

あるシーンで、「私たちの時代は〜」と後輩に説教をするシーンがありました。

まぁ昔から批判を受けがちなセリフですね。

自分も受けてきたから、あなたもするべき論ですね。つまり、過去の環境が身に染み付いて「今」の、環境に対応できない人ですね。

個人的に、会社でこのようなことを言われたことはありませんが、言われたらドラマの新人のように言い返してしまいそうです。

ここで問題なのは自分の過去をそのまま相手にも当てはめようとすることなんですね。

時代が違うのだから働き方も違うなんて考えれば当たり前のことですが、それを受け入れられない。こういう人はとてももったいないと思います。

時代が変われば環境も制度も変わる、そこに合わせられない人間は淘汰されていくのが当然のことなのでしょう。

電卓が使える時代にそろばんを使う人なんていません。極端な話「わたしの時代はそろばん使っていたから、あなたもそろばんから始めなさい」こんなこと言う人いないはずなのに、もっと抽象的な内容、例えば今回のような、わたしは昔たくさん働いたからあなたもたくさん残業すべしって押し付けてくる人がいるってほんと不思議ですね。

わたしもアラサーですが、常に新しいの考え方、環境に適応できるようにしていたいです。

 

東山さんの仕事術に感化

すごく細かいのですが、東山さんPCにタスクを付箋に書いて貼っておく手法は仕事のできる人感を醸し出していましたね。

f:id:mon3221:20190417232353p:image

わたしもたまーにやっているのですが、影響されやすい性格もあり、早速今日真似しました笑

最近メモの魔力の前田さんがテレビに出ていたこともあり、メモする頻度が多くなったことも影響してますね。

 

何か変わったかと言われたら、仕事の回すスピードが変わりました。

今までざっくりとタスクを書き出していたものを、朝出社してすぐ事細かにタスクに落とし込むことによりやるべき業務がとてもクリアになりました。

今までやっていたタスクの洗い出しは中途半端すぎたようです。やるなら徹底的に15分くらい時間とってもやるべきだと実感しました。

第2話以降の東山さんの仕事ハックは参考にさせていただきたいと思います!

 

おまけ

ロケ地が御茶ノ水で、まさしく前職で通っていた職場。小籠包屋さんも職場近くで、一人で興奮しておりました。

それにしても、吉高由里子とお酒って本当に合う。

f:id:mon3221:20190417232934p:image

f:id:mon3221:20190417232947p:image

ぜひCMにトリスハイボールを流して欲しいと思った今日この頃です。

 

 

では、またね。

赤ちゃんの鼻水を吸うために

こんばんわ。

我が家の赤ちゃんが保育園に通いはじめ早2週間経ちましたがついに発熱しました。

風邪を引いた模様です。これが集団生活のある保育園に通わせることかと思っております。有給休暇も少ないので正直心配です。

話が脱線しました。娘ちゃん最近11ヶ月になりましたが、今まで発熱したことがなかったのです。

今回この発熱事件で役立ったものがあったので、これからパパママになる方に向けて参考になればと思い書いています。

é¼»ã¥ã¾ãã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

 



 

【目次】

 

鼻水をどう吸い取るか

鼻垂らし小僧という言葉がありますが、子供には鼻水を垂らすというイメージがあります。例によって我が家の娘氏も今回の風邪鼻を垂らすようになりました。

日常生活で鼻を垂らしているのはまあしょうがないですが、やはり寝るときに呼吸がしにくそうでなんともかわいそうでした。

なんとかとってあげたいという思いで、はじめに探したのがこちらでした。

 

 大人の吸い込む力で鼻水を吸い取るツールです。

これでもまあまあ取れていたのですが、一つ問題が発生しました。

これは、親が風邪ウイルスを吸い込むことにより感染する可能性があるということです。

というのも、実際にどうなのかは誰も知るよしありませんが、両親揃って風邪をひいたのでした。同じ部屋にいますし空気感染という可能性があったのですが、直接吸い込む上記ツールなのでちょっと懐疑的になってしまいました。

 

メルシーポットの登場

なにかいい方法がないかと考えていた時に2つの情報を見聞きしました。

どなたかのブログを読んでいると「保育園に通う子がいたら絶対もって置くべきもの」という文章と共に電動の鼻水吸引機がありました。

もう一つは会社の先輩も持っていたということです。

値段を見てびっくりしました。なんと1万円超えです。鼻水すする機械に1万もかけるの?という感じでしたが、買って初日ですが、すでに1万の価値あるって考えになっております。

 

Baby Smile 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

Baby Smile 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

 

 

 

電動鼻水吸引機に価値とは

使用感としては、超使えるということです。今まで人の呼吸でしたが、やはり頼るべきは電動です。吸引力が違います。すごい勢いで奥にある溜まった鼻水を吸ってくれます。

個人的に吸ってくれるだけであれば5千円くらいでよくね?って感じなんですけど、

鼻水がないだけで夜の寝つきもだいぶ改善された気がします。ここに1万出しても買う価値があると思います。

呼吸がしづらくて眠られない赤ちゃんが少しでも快眠できるようになるし、親の方も、頻繁に夜起こされなくても済むのです。

鼻水が溜まって中耳炎になることを予防したりとそのほかに効果はたくさんありますが、やはり赤ちゃんが少しでも気持ちよく眠ってくれて親も安心して夜を過ごせる。

これがまさしくこの商品の価値かと思いました。

3才くらいまでは使えそうなので、ちょっと高く感じてしまいますが育児グッズとして絶対持って置くべき商品だなと感じた次第です。

 

おまけに

本商品子供にとっては不快で、結構嫌われたり、使用時にモーター音がなるのですが、それを聞いただけでなく子供もいうようですが、我が家の娘ちゃんは泣くには泣くもののすごく大量に吸った際は、吸われた方がようと理解しているのか大人しくなすがままになっていました。

説明書にも書いていましたが、まず親自身が子供の前でやって見せるというのも大切なようです。(私もやってみたら、妻に笑われた)

 

 

では、またね。

赤ちゃんを転落させてしまった話 自戒を込めて

今朝我が子がベッドから落ちました。

いつもは妻が一緒に寝ていたのですが、今朝はたまたま用事があり、娘を寝室に寝かせておきました。

子供は落ちた時は泣いたものの、ご飯も食べ今のところ元気なようなので結果的には良かったのですが、もしかしたら大変な事態になっていたかもなので自戒を込めて備忘しておきます。

 

原因

赤ちゃんは予測のつかない行動するという認識に甘さがあった。

 

当時私はキッチンで皿洗いを妻は、着替えをしておりました。一瞬赤ちゃん大丈夫かなあと、不安がありましたが、次のことからその不安を消してしまいました。(この時点で瞬時に行動していればよかったのです)

 

まずベッドが大きいこと。

我が家ではキングサイズベッドで3人で寝ています。大きいので寝返り程度では落ちることはありませんでした。しかし今回はなぜか起きた後ハイハイで落ちたようなのです。ちなみにベッドの上でそこまでハイハイしたことは今までありませんでした。

 

二つ目は声をあげなかったこと。

起きる時は大体泣いたり、声をあげるのですが今回は我々には聞こえてませんでした。私の中にはおきた時に両親がいないので泣くのではないかと思っていたのですが、この判断も誤りでした。

 

この二つが主な原因かと思います。

どちらにも共通するのは子供の行動パターンを読みきれてなかったことです。そして、親でたる私の想像力の欠如でした。

動き回るようになり始めたので、赤ちゃんの行動は予測不可能ということを実感した瞬間でした。

 

改善

改善方法を考えましたが、現状3つほどです。

1 ベッドガードをつける。

ベッドガードをつけることにより、落ちることを防止できるか思います。

ただ懸念点としては立つようになっているので、その柵に手をかけて立ち上がり転落というリスクも忘れてはなりません。

 

2 ベビーモニターの設置

夜寝る時はモニターをつけて親は別室でご飯を食べたりしてます。これも一つの案かなと思いましたが、夜に比べ朝は家事や身支度とバタバタしているのでそもそも見る余裕がないという問題点がでました。結局今回とどちらもバタバタしていて落ちる前の前兆を察知できなかったのが原因なので。

 

3 床に、クッション性のマットを敷く

もう転落はさせたくないですが、万が一の時のためにフローリングではなくクッション性のあるものを敷いておくのも一つかなと思います。もう、絶対転落させないというのが前提ですが、やはりやっておいて損はないかなと。

 

今回のことは本当親として、

反省すべき点です。

 

まだ一人でできることが少ない赤ちゃんはちゃんと見てないといけないと改めて認識しました。

 

では、またね。

 

上野公園でお花見してきました

定期的に大学の友人と会っています!

桜の季節なので今回は上野公園にお花見がてら行ってまいりました。

f:id:mon3221:20190327232321j:image

f:id:mon3221:20190327232558j:image

 数ヶ月ごとに会っているのですが、それぞれが異なった環境で頑張っているので、話を聞いていると毎回刺激をいただけます。

そんな今回の会でのお話をします。

あまりこういう日記調は書きませんが更新頻度を上げるためにメンバーに「ブログ更新」するとコミットし書いております!

 

登場人物(仮称)

ジンジャーシロップ職人 uさん

英語職人 Iさん

IT職人 wさん

?職人 私

 

このいつメン4人で桜の下、話してきました。

 

モチベーションの話

最近メンバーで目標の話をしています。

自分で目標を立ててもなかなか

実行できないので身内に公開してやらざるを得ない環境を作っています。それでも、やはりやれてないことが課題のIさんを除く3人です。特に私。

英語スキルを日々磨いているIさんからヒントをもらえました。それは誘惑のある環境を作らないこと。

例えば聴きたい音楽があっても、手元に置かないそうです。入ってる音源は全て英語のリスニング。

本当ストイックだなぁと思いました。本人は謙遜しておりますが、とてもすごいことだと思います。

 

このことから思ったこととしては、三日坊主の私は何か1つのことに集中できないのが課題なのだと自己認識しました。

好奇心がありすぎるのです。

英語にしてもオンライン英会話を半年続けてやめていたり、ジムも入ったり抜けたりを繰り返し行っています。

結局、ある1つの物事を続けるにしても、いろんなことに興味があり、あれもやれもやりたいとなってしまい時間は限られているので結局は中途半端になってしまい終わるという状況なのです。

 

一つの解としては、期間を決めてやりきるということをやろうと思います。

6月に簿記の試験があり絶対に合格したいのでそこに焦点を絞っていきます。

ブログ、運動、読書、英語とやりたいことはたくさんあるのですが、限られた時間の中で全部はできないのでとくに前半3つについてはゆるーくやっていきたいと思います。

 

残業の話

wさんと、uさんは比較的残業を行なっているようです。wさんに至っては何年か前は180時間もやっていたとのこと。ほんと信じられません。翻ってみると私の残業時間は20時間程度です。転職して少し増えました。それでも世の中の残業ある会社からすると少ない方なのでしょうか。

20時間を多くみるか少ないとみるかは人の自由ですが、正直私にとっては多く感じてしまいます。できれば10時間くらいに抑えたいものです。ただ、この残業を含む業務量で採用されているのもあるので1年目はなんとかやりとげたいと思っています。

目標としては、基本給で今の残業分くらいを賄えるくらいには成果を出して行ければと思います。

 

業務改善を考える時の楽しさ

成果を出すには何かしら指示されたこと以外にも自ら考え仕事としての成果を出さなければなりません。

最近は業務改善に取り組んでいます。Iさんも似たようなことをやってるようでしたが、共通認識としてその仕事には「楽しさ」があるようです。これが仕事の醍醐味なのだと思います。言われたことをやって報酬をもらうだけでは、我々の貴重な時間をかけるにはもったいないです。やるからには「楽しさ」という要素も取り入れて豊かな人生にしたいものです。

 

まとめ

色々つらつらと書きましたが、総じていうとすごく刺激をもらった会でした。20代後半男子が集まっても下ネタなど一切出てこなく、それぞれの考えていることを共有できる素晴らしい会でした。

私は個人的に一人でいるのが好きですが、やはりこういう集まりはお互いの意欲を高めるとてつもない価値を持っているなぁと改めて感じた次第です。ほんと感謝です。

また数ヶ月後に開催されますが、少しでも成長して会えればと思います。

 

おまけ

上野公園でのお花見はお昼がおススメです。

今回は仕事終わりの夜でしたが、やはり光が少ないので辛いです。もしも夜やるのであればランタンがあればいいと思います。

 

 

あと3月下旬といえど、まだまだ夜は風が吹くと寒いです。薄着になりつつありますが、夜やるのであればコートは必須です。回路があってもいいかもですね。

レジャーシートも100均なとで事前に調達しておきましょう。4人であればオススメは180×180くらいの大きさです。狭いと身体が痛いです。去年上野で花見した時の反省を生かし今回は大きいの買って行って正解でした。

飲食。コンビニや駅ナカにスーパーがあるので家から持ち出すことはないでしょう。ゴミ置場もしっかりあるので、その場において帰らず持って帰りましょう。

 東京は今週が見ごろかと思います。楽しいお花見を!

 

では、またね。

 

 

 

 

 

LINE Pay20%還元祭絶賛活用中です。

キャッシュレス推進派の私ですが、先日からはじまっているLINE Pay 還元キャンペーンももちろん使っております。

linecorp.com

最近までKyash派の私でしたが、このキャンペーンに乗って活用しています。

改めてプリペイド型の良さを実感しております。

 

mon3221.hatenablog.com

 ※現在はkyashとモバイルSuicaは連携してもポイント対象外です。

 

さて今回の20%還元と今後のキャッシュレス方針を書いて行きます。

 

【目次】

 

 

20%還元はありがたいし、くじもワクワクする

 

最大5,000円の還元とはいえ、買い物するだけでキャッシュバックが発生するのはありがたいものです。なんといっても今回はLINE Payカードも対象になっていることです。

某ぺいぺいさんとこはQRコード決済なので使える場所が限られますが、このLINE Payカードはデビットカード(前払い式クレジットカードみたいなもん)でJCBのクレジットが使えるところでは基本使えます。

コンビニなどはもちろん未だ対応していないスーパーでも使えます。

また今回のキャンペーンは+@として100円以上の決済でくじがついてきます。

これが買い物の楽しみにもなっていたりします。

なんだかんだ現状で700円分くらいは20%還元とは別に還元されています。

最大2000円なので、それを当てたい!!(なんか目的がずれてる)

f:id:mon3221:20190319225001j:plain

 

f:id:mon3221:20190319225423j:plain

 ↑地味に嬉しい500円のあたり 

LINE Pay カードとモバイルSuicaの連携もメリット

最大のメリットはここかもしれません。

QRコード決済ではできなかった、モバイルSuicaへのチャージです。

モバイルSuicaへのチャージの際は登録したクレジットからできるのですが、

そのクレジットカードにLINE Pay カードを利用できるのです。

ぶっちゃけ25000円分チャージしてしまえば,5000円を生み出すことのできる方法もありますが、この方法は使いません。

というのも、今回のキャンペーンにはくじがついているから。

当たる確率はよくわかりませんが、いかに少額決済をたくさんするかがこのキャンペーンを最大限の活用方法ではないでしょうか。

ですのでコンビニでちょっとしたものを買う際にもつかっています。

 

定期券購入もできた

LINE Payはクレジットなので定期券も買うことができます。これはあまりおおっぴらには言えませんが会社員の方は通勤費支給のうえで20%還元なので、なんだか得した気分になりますので、活用方法の一つではないでしょうか?

これはいい機会なので、普段1ヶ月しか買いませんが3ヶ月分買ってやろうと思いましたが、そもそもその場でキャッシュがなかったので諦めました。

 

LINE Pay カードの素晴らしさを再認識

久しぶりにLINE Pay カードを使ってみて、家計管理には最適だと再認識してます。

というのも、いまつかっているkyashは2%の還元率というもののクレジットカードに紐づいているので後払いです。つまりある程度家計管理しないと、使いすぎということが発生します。

我が家は昨年からの引っ越し、家電の設備投資、子供の保育園準備、今後国内外の旅行、親族の結婚式と収支管理が大変厳しい状況になっております。

いくらキャッシュレスと推進しているとはいえ、キャッシュがないことには本当のキャッシュレスになってしまうので頭を悩ませておりました。

一時期LINE Payカードのヘビーユーザーとしていた私でしたが、還元率の改悪により使用をやめておりました。

しかし改めて、「使う分だけのお金をプールしてその中でやりくりするという考え方こそ」無駄にポイント還元率を重視するよりよっぽどよい家計管理術なのではないかと思う今日このごろです。

結局ポイントを意識すると多額の支払いをしがちになるので、クレジットカードの還元率を重視するのはあまり合理的ではないという結論です。

 

まとめ

20%還元はとてもよいので期間中は使っていこうと思いますが、あくまでも必要なものを買うという目的を忘れずに家計管理していきたいと思う今日この頃です。

 

 

では、またね。

 

 

三鷹駅に最近OPENしたステーキ屋 松 に行ってきました。

あまり飲食ネタは書かないのですが、せっかく行ってきたので感想書いてきます。

 

【目次】 

 

ステーキ屋 松とは

まずこのお店なんだよって感じだと思うのですが、あの牛丼の松屋を運営する松屋フーズが出店したステーキ専門店なんです。名前もシンプルすぎるのですが変な名前よりはよいかとおもいました。

ステーキといえば、立ち食いステーキで有名ないきなりステーキが有名かと思いますが、そこの強豪になるべくお店がついに現れたのです。

ネットでは結構話題となってました。

gourmetpress.net

 

とりあえず行ってみた

出店したのは中央線と総武線の駅である三鷹駅です。三鷹駅には松屋フーズの本社があるというのもここに出店した理由でしょう。

f:id:mon3221:20190314224757j:plain

 

私が昔住んでいたこともありとても馴染みのある駅なので仕事帰りによって見ました。

行ったのはオープンしてから数日経ってからでしたが、やはり話題になっているだけあって夜20時くらいにいった時も列ができていました。

正直並ぶの面倒と思ったのですが、今日は妻子が義父母宅へいっていたのでいい機会と思い並んで入りました。

時間としては20−30分位並んでいたのではないでしょうか。

 

いざ入店

お店自体はあまり広いという感じではありません。小規模な松屋と同じくらいの広さでしょうか。席はざっと数えた感じ23席。カウンターのみの席で背もたれはありません。立ち食いではないけど、やはりそこにはあまり長いをさせないような工夫がされているのだと思います。

 

いざ実食!コスパ良し。

ステーキ自体は券売機でかったチケットをスタッフの人に渡すと「サラダバーどうぞ」とのこと。ステーキ屋さんでサラダバーは比較的多いですが、この小規模店舗でサラダバーには驚きました。

言い忘れましたが、アメリカ産の赤身ステーキ200gにサラダバーとスープバーがついて1,000円です。これはほんとCP良いです。ご飯なくてもおなかいっぱいです。

 

さてサラダバーのイメージは松屋のサラダとポテトサラダとコーンがあり好きなだけとれる感じです。味はやはり松屋のサラダに近かったです。つまり普通に美味しかったです。おかわりも、もちろんしました。
スープの種類はわかめスープです。わかめも水で戻したものが別でおいてあって、スープ釜にはいっていないのでたくさんわかめを食べることができました。

f:id:mon3221:20190314231815j:plain

 

 

さてステーキがやってきます。

どーん。

f:id:mon3221:20190314230204j:plain

 

松屋をなめていましたすみません。素晴らしいお肉の塊でした。

切り口の写真とるの忘れましたが、結構なレア度でした。

鉄板?が熱いのでそこに自分で押し付けて焼くのが通例なのでしょう。

 

ちなみにソースも色々種類がありほとんど試してみました。

個人的には塩胡椒がシンプルにベスト!

f:id:mon3221:20190314230103j:plain

 

いきなりステーキも何度か行ったことあるのですが、個人的にはお肉の味質感の観点からするとこちらの方が好きな気がします。なによりなんども言いますが、この量で1000円税込はCP良すぎです。

 

これは出店ラッシュがあるのではないか。

おそらく松屋フーズさんとしては、この三鷹店は実験店舗でここでの検証を元に出店戦略を練っていくのだと思います。

ステーキという商品は焼く手間などはかかりますが、回転率をあげることにより高い利益を確保できるのではないでしょうか。

 

簡単に売り上げなんとなくのお店の売り上げ計算をしてみました。(計算方法あってるか不確かだけど)

ライスは別料金でお酒を飲む人もいれるとなると単価は@1200位でしょうか。

(おそらく売りは200g1000円のステーキ。広告も大きいし)

席数が23席。回転率が2回。営業時間が11時間と想定するとざっと1日あたりの売り上げは60万くらいです。それが1ヶ月と考えると1880万円になります。売上高だけですが、なかなかいい数値ではないでしょうか。

松屋さんは牛肉の仕入れルートもあるでしょうから、原価も安くしているはずです。

 

さてここから何が言えるかというと

コスパもよいし味も美味しいので今後お客さんも増える気がします。

お客さん増えれば出店が加速し、松屋フーズの売り上げが続伸して行く気がします。

またステーキブームが再来する予感です。

 

松屋フーズ株かっておこうかな・・・

 

ではまたね。

 

flier book labo 体験会に行ってきました。

先日ですが、株式会社フライヤーが主催するとある体験会にいってきました。

それが、「flier book labo」という読書のコミュニティです。

行ってみて思ったことを書いていきます。

www.flierinc.com

 

 

 

 

・読書好きにはぴったりなコミニュティ

簡単に説明すると、ある一冊の本について要約を読んでみんなで思ったことをアウトプットする場です。

私も読書は好きなほうですが、読みっぱなしで放置しがちだったのでアウトプットの場があるのはいいなと思いました。

また、ブログのように一人でやるわけではなく20数名の人たちと「語り会う場」だったので、色々な方の考えを聞くいい機会になりました。

 

・荒木さんというファシリテーター

これは体験会行ってびっくりしたのですが、ファシリテーターが荒木さんでした。

Voicyでパーソナリティをやっている方で、聞いたことある声と思いきや、ご本人でした。これはいちファンとしてはサプライズでした。ファシリテーターとしての進行もお上手で時折教えてくれる考え方などはとても参考になりました。

voicy.jp

 

・今回のテーマは「ライフシフト

ちなみに今回はライフシフトという本の要約を読んでそれについて話あうという場でした。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

ライフシフトは前から読んで見たい本の1冊でしたのでちょうどよかったです。

みなさんの話の中では「変化する」ということがメインテーマでした。

これからの時代は生涯変身し続けなければいけないというお話でした。いろんなキャリアの方がいらっしゃって、それぞれの価値観から学びを得ることをとてもいい機会でした。個人的にも、変身をしていかなきゃいけないと思いつつも、具体的に何をしたらいいのかわからなかったのですが、なにかヒントを得た気がします。

特に「とりあえず手数を多くやってみて好きか嫌いか」でそのあとの判断をするという言葉は響きました。これは今後の生活に取り入れていきたいです。

また、「weak ties strong ties」の話も印象的です。周りに弱い絆を持った人たちを増やしていくということも重要とのことです。

というのも、変身するためには、そのハードルが低くなくてはなりません。そんな時にいろんなことをやっている人たちと弱くてもいいから(SNSなどの)繋がりをもっておけば変化している人たちの行動が目に見えて、自身が変化するハードルも下がってくるという話でした。

私の周りにも、一生懸命事業を行っている友人がいていつも刺激をもらっているので、改めていろんな人と弱い関わりをもって置くのは大切だなと思いました。

 

 

・まとめ

このflier book laboは読書好きだけど、アウトプットする機会がないという人にはよいサービスかと思いました。一つ反省としては、個人的に発言機会が少なかったこと。思ったことが色々頭の中を駆け巡っていましたが、いつものシャイな性格上アウトプットできませんでした。普段アウトプットする場なのにといまおもうと反省です。