モリログ

本とか、食とか、旅とか、備忘のために 20代後半共働き夫のブログです

ジム通いを続けるポイントを考えてみた

ジムに通ったはいいけど、中々習慣化できないという人も多いかと思います。私もそんな一人です。

しかし最近、習慣化できて来ているのでその方法をシェアしたいと思うます。

 

なぜ行かなくなるのか。

いざ運動しようと思っても、「疲れた」とか「忙しい」とかを理由に行かなくなり、しまいには、安くない月額費用を払っているにも関わらず1回も行かずに終わるということもあるのではないでしょうか。私も過去にありました。仕事とかでも同じですが、いかに行動する仕組みを作るかが必要なのだと思います。

 

ポイント・・・24時間のジムを選択する。

最近私24時間のジムに登録しました。以前まで通っていたところは23時までとか、日曜は20時までとか少々使いづらい点がありました。24時間はいつ行ってもいいんです。朝行ってもいいし、夜に行ってもいい。自分の行きたい時に行けるので時間を気にしなくても行けるようになりました。私は比較的夜の遅い時間とかに行ってます。場所柄なのか、あまり人もおらずのびのびとトレーニングに励めます。

また大きいところに比べて24時間ジムは費用が安いです。これはプールとかの設備やレッスン等のインストラクターがいない点でコストが抑えられているからかと思います。痩せるだけなら、筋トレと有酸素運動できる環境があれば十分です。

 

ポイント・・・週一で鏡の前で裸になる

変なこと言っているかもしれませんが、もちろん家の中でです。これは現状を知るということです。なんとなく、痩せなきゃとかマッチョになりたいとか思っていても、なんとなく思っていて、それが行動に繋がることはありません。自分で自分を客観的に見ることが大切です。またこれを定期的にやる意味としては小さな成功体験を可視化することができるからです。初めてすぐ大きな変化はないですが、少しづつ体つきが変わってくるのがわかります。これがとても大きなモチベーションに繋がります。毎日見る必要もありません。週の曜日を決めてその日は全裸になって鏡に向き合いましょう。自然とやる気が出てくると思います。

ちなみに、ご飯を食べる時も目の前に鏡を置くことで、少食になるという話も聞いたことがあります。自分食い過ぎだって感じるらしいです。つまり自分で自分を知る。客観視することが大切です。

 

ポイント・・・無理をしない

なぜジム通いに挫折する人が多いのか。それは張り切りすぎるからではないのでしょうか。初回から負荷をかけて、翌日以降激しい筋肉痛みに襲われる。そして筋肉痛が治ってから行こうと考えていると、いつもの間にかジムの存在が脳内の片隅に追いやられるという流れになってしまいます。初めはちょっとの運動でいいと思います。

始めなんてジムに言ってちょっとマシン試してみて、少し走って終わりでもいいと思います。心地いいくらいの筋肉痛を感じる程度が始めはいいのではないかと思います。

初期段階で重要なのはジムに行って少し運動したという成功体験を積み重ねることです。

 

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

ではまたね。