モリログ

本とか、食とか、旅とか、備忘のために 20代後半共働き夫のブログです

「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」を読んで

最近仕事に悩んでいるので本書を読んでみました。

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 

 堀江さんの「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」です。

以前「ゼロ」っていう本を読んで堀江さんの見方がガラッと変わったので、何か得られるかもってことで読みました。

 

タイトル通り、本音で生きるって大切だなと思ったのが感想です。

「お互い の 価値観 が 異なっ て いる こと が わかる」 という のは、 とても 大事 な こと だ。

 人間それぞれ価値観は違うのに、自分の考え方を押し付けてしまうことがある。押し付けられた方は気分はよくないだろうし、よくもわからない価値観で行動してもうまくいかないことを明らかである。だから、「価値観は人それぞれ異なりますよ」って理解はしっかりしなければいけないですね。ちょこっと外れますが、イギリスの幼稚園では、園児を並ばせて、お互いの顔を見せあって「みんな顔がそれぞれ違うように考え方も違うんですよ」って教えるらしいです。やはり小さいころからこういうことしっかり学ばせておけばいじめとか起きないんではと思いました。

 

「We agree to disagree」( 僕達 は わかり 合え ない こと が わかり 合え た) で よい の だ。「 価値観 や 意見 が 違う」 こと が わかる こと が 大事 なの だ。 

 会社で打ち合わせする時なんかも常にこの意識もって臨みたいですね。自分と異なる意見が出た時なぜその人はそういう考えに至るのかとか考えるとすごい充実した話し合いになりそう。

結局、 やり方 とか センス では なく「 トライアンドエラー を どれ だけ 続ける か」 という こと だ と 思う の だ。

失敗が怖いからあとに延ばす。そうするとますます追い詰められて、結局やらなくなる。最近私が悩んでることの1つがこれ。新しいことをしようとしても失敗したらどうしようと悩んで尻込みをしてしまう。どうやれば失敗しないかとかやり方とかばっかり考えてるから、時間が無くなって追い詰められてしまう。ほんと直ぐ行動しちゃえばいいんですよね。とても勇気づけられる一言でした。

なぜ 自信 が ない のかと いえ ば、 経験 不足 という こと に 尽きる。やっ た こと が ない から 不安 で、 踏み出せ ず、 経験 を 積む こと が でき ない。 自信 が ない から、 あれこれ 言い訳 を 作り出し て 自分 の 小さな プライド を 守ろ う と する……。 言い訳 を する 人 は、 そんな 悪循環 に 陥っ て いる 

 これも胸が痛むお言葉でした。結局成功経験が少ないから自信が持てずに、億劫になってしまうのが通例でした。やはり小さな成功経験を積み重ね自信をつけていかなきゃいけんのですよね。

些細 な こと で よい から、 常に 小さな チャレンジ を 行ない、 少し ずつ 少し ずつ 成功 体験 を 重ね て いく。 なん でも うまく こなせる 人間 と 比較 し て 落ち込む のは 無意味 な こと だ。 ここ で 比べる べき は、 過去 の 自分。 自分 の 成長 を 実感 できれ ば、 それ が 自信 に なる。 諦め ず に 成功 体験 を 重ね て いけ ば、 ある 日 突然 大きく 成長 する 時 が 必ず やってくる はず だ。

 過去の自分。昨日の自分と比べてどれだけ今日は成長できたか。それを意識するのが大切なんですね。これも明日から意識しようと思います。

やる 前 から「 成功 する か どう か」「 失敗 する 確率 は どれ だけか」 なんて 考え て い たら、 結局、 いつ まで たっ ても、 実行 には 移せ ない。 どこ まで いっ ても「 成功 する か どう か」 は、 やっ て み ない と わから ない もの 

ほんとそのとおりですね。結局実行に移せなくて何もしなかったことが最悪な失敗のパターンですよね。

大事 なのは「 今 済ませ られる こと は、 今 済ませ て しまう」 こと なの だ。

 5分で終わる仕事を昔は後回しにしていたけど、今では素早くこなすようになってきた。これを意識するだけでホント充実度は増すと実感してます。これは仕事以外も、

夕食後の食器洗いにも適用できる。とにかくすぐやる。

 

繰り返す が、 この 世の中 で 最も 貴重 な 資源 は、 時間 だ。 時間 さえ 有効 に 使う こと が できれ ば、 自分 の やり たい こと は どんな こと でも 叶え られる。一方、 時間 を 浪費 する こと は 簡単 だ。 言い訳 を し たり、 誰 かの 言い訳 を 聞い て いる うち に、 貴重 な 時間 は あっという間に 失わ れ て しまう。 その 時間 で 新しい チャレンジ が いくつ も でき た で あろ う に。

とにかく堀江さんの時間の使い方はすごいからこの言葉はとても深みがありました。

ちょっとした時間でも無駄にしない。充実した生活を送るためにはお金の使い方よりも時間の使い方を考えるべきだな思いました。

 

新入社員や20代の若手社員とかにとてもおすすめな1冊だと思いました。