モリログ

本とか、食とか、旅とか、時々雑記、備忘のために

とりあえず動いてしまう癖付けをする重要性

最近仕事をしていて思います。「なんでもすぐ行動することは非常に重要だということ」を。

基本私はめんどくさがりな性格で、何か書類をファイリングする際も「この1枚のためになんで今やらなきゃいけないんだ」と考えてしまい後回しにしていることがありました。これは書類のファイリングだけでなくて、振られた簡単な仕事も後でいいやーって思って後回しにする考えがありました。

この考えの根底には、ファイリングするにはこれだけの時間がかかって後で時間が空いたときにやってしまった方が効率的という思考があるのですが、間違いでした。

最近いろんな本を読む中で「すぐに行動すべき」という内容の本が多く、ちょっと自分もやってみようってことで、今まで億劫だったファイリングも発生したら「すぐやる」を意識してみました。すると思った以上にすぐ終わり唖然としてしまいました。自分はこれだけ時間がかかると思っていたのにすぐ終わってしまった、と。

この経験を通して1つ気づきを得ました。「自分が思うほど業務に時間はかからない」と。まして今回のような書類整理の場合に限って言うと長時間、ファイリングすべき書類を手元に置いてそれが累積するとそれだけ書類を探す手間も増え、とても非効率であることです。

 

「すぐに行動すること」は仕事をするうえで非常に大切な考え方だと思ってます。

何か悩んでるときもとりあえず動いてみることによってその次が見えてくるようになることを最近は実感しております。走りながら考えるではありませんが、ただひたすら頭の中で考えを巡らせるだけでは時間の無駄でとりあえず動く、その過程で考えるっていうのが非常に有効な行動パターンなんだということを実感した次第です。

 

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる