モリログ

本とか、食とか、旅とか、時々雑記、備忘のために

セブでジンベイザメに自力で会う方法

f:id:mon3221:20151212220622j:plain

セブ島ジンベイザメに会うことはできますが、なんといってもツアーで行くと高いのです。大体2万くらいはかかってしまいます。(それだけの価値はあると思いますが)

私の様なまだまだ若手サラリーマンにはきついのです。

 

そこで私は自力で行くことに決めました。

結果的に何とかジンベイさんに会うことができました。

 

私のようにお金はかけたくないけど、ジンベイに会いたいという人向けに

ジンベイに会う方法を紹介します

注意あくまでも個人の責任でお願いいたします。

   安全に行きたい方は、お金をかけてでもツアーで行くのをおすすめします。

 

ジンベイさんがいるのは、セブ島の南端の方にあるオスロというところ。

セブ島の観光地であるセブシティ・マクタン島まではバスで3~4時間ほどです。

ここで一つ問題が、

ジンベイさんは午前中の早い時間にしか現れません。

午後にはもう引き上げちゃうそうです。

そこでポイントとなるのはいかに早く出発するか。

大体9時前にはついておきたいので、逆算すると

5~6時にはセブシティを出発しなければなりません。

 

ということで私は4時起きしました。

マクタン島に泊まる場合はセブシティまで30~40分ほどかかるので

それも計算しておかなければなりません。

 

バスは南バスターミナルから出ているので、そこまではタクシーを

利用します。

ここでも注意なのですが、早めにホテルから出発しなければいけませんが

タクシーの運ちゃんは寝ています。

私は、偶然にも早起き運ちゃんがいたので助かりましが、

前日にでも予約すべきでしょう!

 

南バスターミナルについたら、どのバスに乗るかが問題となりますが、

安心してください。

オスロブ」「ホエールシャークウォッチング」などといえば

オスロブ行きのバスを教えてくれます。

むしろタクシー降りた瞬間に外国人だとわかると

すかさず教えてくれました。

 

黄色いバスに乗り込むといよいよ出発。

車掌さんが、きっぷを切ってくれます。

155ペソ(約350円くらい)でした。

念のため、ジンベイザメに会いたい旨を伝えるとよいでしょう。

ちなみにトイレ休憩等はありませんし、コンビニ寄ることもありません。

ですのでバスターミナルでトイレや朝ごはんの調達をおすすめします。

売り子から買ったダスキンのドーナッツとかおいしかったですよ。

f:id:mon3221:20151219121013j:plain

バスが出発したらひたすら爆睡です。

 

余談ですが、このバスは高速バスというより路線バスで、

人を拾いながら運行します。

なので途中で起きた時には通路にも人がいたりして…

激混みする場合もあります。

 

さてどこで降りるかが問題ですが、

ジンベイザメの看板が出ます。

しかし、まったく違う目的地だったりしますので注意してください。

私はちょっと不安になったので、

スマホGPS機能を使ってオスロブかどうか判断してました。

ホント便利な時代になったものです。

あとは、降りる際に運ちゃんに聞いてみれば

大丈夫です。

 

到着したら、受付をします。

基本英語の対応でしたが、

中学英語できてれば問題ないと思います。

 

f:id:mon3221:20151219113355j:plain

1500ペソあれば、シュノーケリングを堪能できます。

キューバダイビングのライセンスがある方は

2000ペソで可能です。

私はライセンスをもっていましたが、

同伴者がもっていなかったので断念。

 

着替えを済ませたらすぐに案内されました。

 

いざ、小舟に乗り沖まででるかと思いきや、

隣にある建物に案内されました。

 
 

注意事項を受けました。

f:id:mon3221:20151219114450j:plain

f:id:mon3221:20151219112653j:plain

 

ここだけは日本語対応(笑)

ここにあるように、当たり前のことです。

が、日焼け止めクリームや整髪料はジンベイさんに悪影響ということで、

禁止されております。この日はつけるのやめましょう。

また、5メートル以内に近寄らないとありますが、無理です。

あっちから近寄ってきます。

 

そしていざ沖へ

f:id:mon3221:20151219114222j:plain

ホント素晴らしい景色。そして青い海。

まだジンベイさんにお会いしていないのに

興奮状態。

 

そしていよいよ初対面。

みんな元気にオキアミを吸い込んでおります。

f:id:mon3221:20151219114434j:plain

ひょーちかいことちかいこと

f:id:mon3221:20151212220354j:plain

再掲ですが、何匹もいます。

f:id:mon3221:20151219120329j:plain

 

きょーえー可愛すぎる!

 

ある一匹に気を取られていると、ほかのジンベイさんがめっちゃ近くにいたり。

ちょっとやべってなっても、現地のガイドさんが助けてくれます。

あとライフジャケットも来ているので安心です。

 

隣の中国人はライフジャケットを脱いでおり、

うらやまでしたが、安全第一です。

 

とても興奮した30分でした。

ここに行くに当たっては絶対に水中カメラは必要です。

↓これは特におすすめ。

 

広角レンズなので、広く映ります。

あと自撮りモードもあるのでジンベイさんとも2ショット可能です。

海に行くなら必携アイテムになりました。

 

海に入ったのでお腹がすきますが、

近くにレストランもあります。

地元住民に聞けば教えてくれました。

f:id:mon3221:20151219115528j:plain

 

 

f:id:mon3221:20151219115622j:plain

激うまガーリックシュリンプとビール

最高の組み合わせでした。

 

帰りも往路と同じ系列のバスで帰ります。

行きで降りたあたりに立ってれば、きます。

地元のおっちゃんたちが、教えてくれます。

大体15~20分間隔で運行してるみたいです。

ただしエアコンなしとありみたいなので注意です。

あと、始発ではないので、混んでる場合もあるそう。

 

帰りは行きより1時間近く乗っていた気がします。

朝と違い、道路が渋滞しているからです。

結局バスターミナルについたのは16時近くでした。

なので他に予定は入れないほうがいいのかもしれませんね。

 

まとめかかった費用

バス往復   310ペソ

シュノーケル 1000ペソ

入海料      500ペソ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       1810ペソなり

 

せっかくセブに来たならば、ぜひジンベイさんに会いにいきましょう。

そして格安で行きたいのであれば、自力で行ってみましょう。

意外とワクワクですよー

 

※2015年9月当時の情報を元に書いております。

※ツアーよりもドキドキワクワクではありますが、

 安全に行きたい方はツアーで行ってくださいね。