モリログ

本とか、食とか、旅とか、備忘のために 20代後半共働き夫のブログです

サブの抱っこ紐にAIRRICOがおすすめ

こんにちは、0才育児に奮闘中の私でございますが、今日はおすすめの抱っこ紐を紹介いたします。

 

その抱っこ紐はこちらです。

airricobaby.com

 

エアリコという抱っこ紐なのですがとても使いつかいやすいです。

 

【目次】 

 

 

シンプル抱っこ紐

有名どころだと抱っこ紐ってエルゴとかベビービョルンだと思いますが、これらに比べるとだいぶシンプルです。

腰にまくバックルなどがないです。つまり接合部分がないので着脱が簡単です。

一般的なものだと、まず自身の腰に取り付け、赤ちゃんを入れ肩にかけ、また背中でバックルを留めるという作業が生じますが、本抱っこ紐はそういった作業がなくスッとカンガルーが赤ちゃんをお腹ポケットに入れるかのようにするだけで完了します。

 


AIRRICO(エアリコ)のDakkoWear(抱っこウェア)装着動画

 

とりあえず泣いたら抱っこ紐

家の中で抱っこ紐ってつけるの大変ですが、エアリコは着脱がシンプルなので我が家では結構使ってます。

とりあえず両手抱っこに限界が来た時には使ってます。

また一番は泣いてしまったときに効果を発揮する感じがします。※

おそらくパパママに密着するし、しっかり揺れの効果も出してくれているからかもしれません。

そして、この抱っこ紐、赤ちゃんが泣き止んでスヤスヤし出した時にも効果を発揮します。

赤ちゃんをお布団に置きたい時、赤ちゃんの背面側のファスナーを開いて置いてあげるだけで起こさずに済むのです。まあこれは100%ではないのですが、結構成功している気がします。

 

丸洗いができ収納もシンプル

丸洗いができます。赤ちゃんってどうしても口につくものぺろぺろしがちで、例によって本抱っこ紐もぺろぺろされます。よだれだらけの抱っこ紐になるのですが、洗濯機で丸洗いできるのでとても清潔に使うことができます。

また、収納なのですが、下記画像でもあるようにとてもコンパクトにまとめることができるのでおすすめです。

f:id:mon3221:20180917225827p:plain

 

 

デメリットと感じる点

サイズの調整ができないので、パパママ用と2つ用意しなければならない場合があります。エルゴとかはベルトなど調整できますが、エアリコはそれがないのでできません。我が家では夫婦感に体格差があるので2つ買いました。安くないものなのでこの辺は考えようです。

 

 

まとめ

基本的にはエルゴとかの標準タイプはあってもいいと思います。我が家ではあくまでもセカンドの抱っこ紐です。家庭内で使いたいときや近場のお買い物やお散歩の際に活躍しております。

とにかく、我が子にとっては泣いた時は使えるので大変活躍しておりますのでサブ抱っこ紐考えているかたはぜひ使ってみていただければと思います。

 

では、またね。

 

※泣き止まない子もいるかもしれませんので悪しからず

0歳児の育児を会社を休んで1ヶ月やってみて思ったこと

転職に伴い現職の有休消化でお休みを1ヶ月超頂き、生後3ヶ月の娘ちゃんの育児を日中することができたので思ったことを記録していきます。

 

目次

 

ごはんを食べるのも一苦労

ごはんをゆっくり食べられないですね。目を離すとぐずったりして、妻と交代交代であやしていました。

また授乳の時間に重なった時も、妻は授乳でその間に私がごはんを食べ、飲み終わったタイミングで私とチェンジし、げっぷ担当になります。

たまたま寝てくれた時にだけゆっくり食べれてます。まぁベビーモニター見ながらで起きないかヒヤヒヤしながらですが。

 

外食はさらに大変

近くのお店に何軒か行きましたが、周りに気を使ってしまいゆっくり食べるなんて難しいのだとかんじました。泣きそうになれば抱っこしてあやしてとバタバタですね。おすわりはまだできないので、ソファー席にねんねさせてますが、これまた転げ落ちないかと心配になります。ファミレスなんかはベッドみたいなの用意してくれてありがたかったです。

先輩ママ、パパによると月齢があがればさらに大変になるとのことでいまから覚悟しています。

 

オムツ替えはスピードが命

3ヶ月ともなれば、オムツ交換の回数は減るのですが、我が子はなぜか下痢をするようになり(これは原因不明。ロタワクチンの副作用なのか、乳糖不耐症なのやら)この頃は週5.6回オムツ交換をしております。大体半分くらいは私が交換しておりますが、昔に比べてだいぶ早くなった気がします。また、いかに交換中に砲撃(排便排尿)を防止すべきか考えるようになりスピードとさも上がった気がします。とりあえず、早く下痢が治ってくれることを祈っております。本人はいたって普通元気。

 

 

お風呂でのふれあい

休み中はほぼ私がお風呂に入れておりました。全身くまなく牛乳石鹸でアワアワにしてあげてます。この娘はお風呂が好きなようで、あまら泣くことがないので、とてもやりやすいです。一回だけ脇の洗いが不十分だ妻にダメ出しをされてから隅々まで洗うよう専念してます。やはり赤ちゃんは代謝が大変よいようで、気を抜くとこすぐ汗臭くなるので清潔は保たないといけませんな。

お風呂のなかでの一番の思い出は、娘ちゃんが間違えて私の乳首を吸ってきたことです。「ああ、こういう感じなのか」と「娘、出なくてすまん」というのが思ったことでした。

 

寝付かせ

決まった時間に寝かせるようにしてます。これについてもあまりぐずることなく寝てくれることが多いです。寝かせるつもりで横になってこちらが先に寝ないようにだけはしないようにしたいです。抱っこしないと寝ないこともあるのですが、横になった際にお尻に手を入れて揺らしていると寝ることが多くなってきました。

夜の授乳はほんとすごいと思う

我が家は完母で行こうということで、妻は夜な夜な授乳をしております。夫目線からみるとほんと尊敬に値します。色々育児大変なことがありますが、一番大変なのってこの夜の授乳なのではと私は思っております。

あと少しで仕事が始まる

40日間の有給期間も終わり転職先での勤務が始まります。

1ヶ月弱育児に時間を投入してわかったのは、育児には体力が必要だということ。これからはおそらく、早朝または帰宅後に関わっていくことが多くなるとおもの圧倒的に育児に携わる時間が少なくなってしまいますが、家事を含めできることを積極的にやっていきたいと思います。

 

 

 

 

では、またね。

 

ロボアド運用報告〜開始から1年経過〜

なんとなく始めたウェルスナビですが、開始から1年経過しましたので、所感述べて行きたいと思います。

 

結論から申しあげると、勝手に積み立てて自動で資産分散してくれて楽。

手数料もう少し安くならないかなってのが感想です。

www.wealthnavi.com

 

まず、1年経っての現状はこちらです。

f:id:mon3221:20180830090931j:plain

 

8月29日現在です。

円建てで+6.83%

ドル建てで+5.04%

 

まあ悪くはないです。相変わらずプラスで推移してくれています。

 

初期投資が30万円でそこから、毎月1万円、ボーナス月のみ3万円を投資していますが、1年経って感じたのはやはり銀行に預けるよりよっぽどよいなあという感想です。

 

何度も述べてはおりますが、元本割れリスクをありますがあくまでも前提は長期投資ですので、短期的なマイナスは許容できます。

実際に私の運用自体でこの1年マイナスになった日数を数えて見ましたが、手で数えるくらいしかありませんでした。

あくまでも今は相場環境がいいかつ、始めた時期もよかったことをありますがやはり余裕資金は投資に回すべきだと改めて感じました。

 

また手数料が1%でこれがもう少し少なかったらマイナスも回避できたかなとおもうのですが、色々やっていただいていますし、まだまだ開始2年なのでしょうがないかなってかんじですね。

 

 

この1年を通して、このウェルスナビについて会社の同僚や先輩に話をしていたのですが興味を持ってくれたかた、実際に始められたかたが複数人いらっしゃたので、こういう形で投資する人が周りに増えてくれることはありがたいです。

 

ところで先日ウェルスナビさんが2周年を記念で公開されていたデータを拝見して気になったことがありました。

 

www.wealthnavi.com

f:id:mon3221:20180830092122p:plain

f:id:mon3221:20180830092113p:plain

ウェルスナビで運用されているかたの72%が投資経験者であり平均運用額が110万円であることです。

 

10万円から始めららるにも関わらず平均が100万円を超えています。まあ、平均であり中央値ではないのでおそらく1000万単位で行っている人もいるのでしょうが、それでも驚きです。

そして、運用額が大きいのも投資経験者が多いからというのも納得の数字でした。

 

逆を言い返せば、未経験者をまだ取り込めていないということであり、今後どれだけ投資初心者を集められるかがウェルスナビにとって重要なのではないでしょうか。

 

そして始めてもらって終わりではなく、長期投資の重要性をわかってもらい、暴落などが起きた際にいかに資金流出を防ぎ規模を大きくできるかも重要なのではと思います。

 

(個人的には反対ですが)最近はTVCMや手数料キャッシュバックキャンペーン、各企業とのコラボを行っていますので、数字自体は増えていくのかなと思っているので今後のこの企業の成長も応援していきたいと思います。

 

決してウェルスナビ社の回しものではありません。

 

では、またね。

 

野菜をモリモリ摂るには◯◯スープがよい

我が家の料理担当は主に私で、この8月の長期休みになってからはほぼ毎日昼夜ご飯を作っています。

まあレパトリーも少なく、見た目はTHE男飯って感じなのですが、そこまで食にこだわりがない妻なので、文句なく食べていただいています。

 

バランスは気にしたいのですが、やはり肉が中心になってしまい、野菜と言えばサラダとあまり時間のかからないものになりがちです。

 

夫婦だけなら、多少野菜食べなくてもいいのかもしれませんが、今は妻が授乳中ということで、妻が食べたものが母乳となり娘が飲むので流石に気にするようになりました。

 

以前ブログでも書いたのですが、料理研究家の土井先生が提唱する粗食の一つである味噌汁が、野菜を摂取する上でとても良い料理です。これはなんでも具材になるので、だし汁にたくさんの野菜をぶっこんで味噌を入れるだけで、野菜たくさんを摂取できるのです。

ただ、如何せん毎日味噌汁っていうのも、具材が変わるにしても飽きるものです。

 

mon3221.hatenablog.com 

 

また、味噌汁と言えば和食ですが、例えば、カレーだったり、パスタだったりすると味噌汁というのはミスマッチになってしまう問題が出てきます。

 

 

そこで最近頻繁に使わせてもらっているのが、コンソメと鶏ガラスープの素です。

 

味噌に比べると栄養素が気になりますが、味噌の飽きを解消するにはとても良い調味料だとわかりました。

 

味噌汁と同様、鍋に水を入れて野菜などをぶっ込み、味噌と同じ感覚で投入すればそれだけで野菜たっぷりスープの完成です。

 

これだけあれば手間をかけなくても忙しいなかで作らないくても野菜がたくさん摂取できます。

 

スープの量を増やしたりすれば、お腹も満たされ食べ過ぎの防止にもや役立ちますのでダイエットにも向いていますね。

 

こんな感じでスープ話ばかりしていますが、娘が大きくなったらやはりスープだけでは回しきれなくなりそうなので、野菜関連のレパートリーを増やして行きたいものです。

 

 

では、またね。

 

 

 

 

 

 

水災リスクにどう備えるか

今朝の朝日新聞のニュースでこんな記事がありました。

 

www.asahi.com

 

先日の豪雨で新築が全壊し、新築時のローンでなく修繕費のローンまでを負う形になってしまったかたがいるとのことでした。

命は助かったにせよ、せっかく建てた新築が全壊し修繕費が発生するなかで加入していた保険・共済から一銭も出ないのは気の毒すぎます。

 

今回火災保険における水災への備えを考えます。

昨今の豪雨で検討されている方も多いかと思われますが、これを機に自身の保険を確認してみてもいい気がします。保険って小難しいのでとりあえずで何も考えずに加入したと言う人も少なくないかと思います。

朝日新聞のニュースにもありましたが、水災への備えをしている世帯は66%のことです。これが多いか少ないかはわかりませんが、重要なことはリスクをしっかり認識できていてそれに見合った備えができているかどうかだと思います。

 

 

まず一般的に火災保険と言われるものですが、名前についている「火災」事故以外にも備えられる損害保険です 。基本的には「モノ」にかける保険で、建物や家財などが各事故で損害を受けた際に補償を受けられるものです。

 

火災以外の事故だと、風災や雪災、盗難、外部からの落下、汚損破損、水災などに対応します。各社の商品によっては保険料を抑えた火災+風災などのコースや、幅広い災害に備えたコースなどを選ぶことができます。

ちなみ水災とは、洪水、高潮、土砂崩れなどによって一定以上の損壊、また床上45センチ以上の浸水などのことをさします。保険会社各社のHPで詳細については確認ください。

 

さて、この水災の補償はつけることも、外すことができますが果たして今回の豪雨みたいなことが将来あると予測して加入保険に付帯すべきでしょうか。

シンプルな答えとしては、どこに立地しているかによるかと思います。

例えば絶対水災は起こりえないという場所にある方は、つけないほうが保険料の節約になりますし、可能性がある方はつけないことによって保険料の何倍、何十倍もの修繕費を払うことになるかもしれません。

 

 

どんな立地に家があるいとが人がつけたほうが良いか。

まず、家の近くに河川・海がある方、家の後ろに山や、家自体が丘の上にある方などは加入していもいいかと思います。

最近はゲリラ豪雨も増えてきていますので、大きい河川だけでなく用水路などが近くにあるかたも注意が必要となります。

とはいっても自分の家は実際どうなのかわからないというかたも多いかと思いますが、

そういったかたは「ハザードマップ」を参考にすることをおすすめします。

disaportal.gsi.go.jp

 

国などの行政が作成していて無料で利用することができます。

検索することで土砂崩れや洪水の想定される場所がわかります。

これで自宅などを調べることで、どう水災リスクに備えるか考えることができます。

 

ゲリラ豪雨は近年やはり増えてきている気がします。また、台風の強さも毎回「史上最強」などと増してきています。

起きてからでは遅いのでやはりこういうニュースになった時に確認なりをすべきでしょう。自分たちの身体財産を最終的に守ってくれるの自分でしかありませんからね。

 

 

では、またね。

 

 

 

我々日本人が忘れてはならないこと

8月・ヒロシマナガサキ・原爆。

このキーワードや出来事は我々日本人は忘れてはならないことです。 

 

 

今朝SNSを見ていたら、黙祷ともになるサイレンについて「このサイレンは何?」という人がいた、というつぶやきをみてちょっと不安になりました。

島国でなかなか戦争とはかけ離れた平和な国、日本に住んでいると確かに忘れがちなことですが、忘れてはならないことだとは思います。

また、日本人としてなぜそんなことが起きたのかということも学ぶ必要があるのではないのでしょうか。

私は昔から歴史書を読むことは少なかったのですが、半藤先生の「昭和史」はとても詳細に日本の昭和時代、特に上巻では戦時中のことを知ることができます。

なぜ、日本がなぜ軍国主義の道に進んでしまったのか、中学高校では学べなかったことがたくさんありました。別に詳細を知らなくても生きては行けると思いますが、やはり自国のことは勉強していてもいいのではと思います。

 

TVなどの特集や中高時代の知識だけでは知らなかった事実がたくさんありました。

例えば、原爆の投下についての計画はヒロシマナガサキ以外に小倉や新潟も候補になっていたこと。

降伏を促したポツダム宣言発信の前の1945年7月24日には投下命令が発せられていいたこと。

日本が終戦にあたりソ連の仲介和平を狙っていたこと。

また、仲介をお願いしていたにも関わらず原爆投下後に侵攻されたこと。

そして原爆投下は日本への攻撃ではありますが、ソ連へ対してのアメリカの誇示であることにも驚きました。

 

内容自体はとても長編の本なので少し読むの大変な点もありますが、日本人として知っておくべき内容かと思います。時間がない方は原爆から終戦までが書かれている第15章だけ読んでもいいかなと思います。

日本人全てが知るべき内容ですが、やはり若い高校生なんかに読んで欲しい本ですね。

 

 

 

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

 

 

 では、またね。

料理男子がもっと増えればいいのに。

元から料理は好きだったのですが、娘が生まれて余計に家事をしっかり行おうという気持ちが出てきたせいか、最近結構料理してます。

 

最近は共働き世帯が多くなってきて、男子が料理するもの珍しくはないですが、いまだに料理は妻がやることと言うような概念を持つ方もいるので男子でも料理をした方がいい話をします。

 

男子ごはんの本 その10

男子ごはんの本 その10

 

 

 

料理は「段取力」を鍛える

ごはん、味噌汁、主菜のこれら3つを揃えるだけでも何から手をつけるかで、かなり頭を使います。仕事をする上でもたくさんあるタスクをどれから着手するかでだいぶ変わってくるとおもいますが、料理も同じです。一番時間のかかるご飯の準備を初めにやるか、最後にやるかでもだいぶ変わってきます。インプットとアウトプットなので、仕事に通ずる部分が大いにある気がします。

 

周囲からの評価が上がる

妻だけではなく、男子が料理をしているというと、周りの人からも評価されます。特に少し前は「女子力が高い」という評価をいただきました。こっちとしては生きるためにやっていることなんですが。

褒められっていうのは悪くないもので、ますます頑張ろうと言う意欲がましてきます!まあ一番は、身近な妻に喜んでもらえることですかね。

 

おやじの味

お袋の味ってことばはあるのにおやじの味ってないですよね。いかに、料理=女性という考えが多いかを表している気がします。

私の父もあまり料理はしませんでしたが、月1回ほど、日曜日の昼にラーメンを作ってくれていました。これが私にとっての「おやじの味」となってます。作ること自体、珍しいからなのかもしれませんが、このラーメンの味は今となっても「こんな味だったな」と記憶としてあります。

私が料理をする理由は、単純に家事の分担であったり、段取力を鍛えるということがありますが、娘に「おやじの味」を覚えて欲しいというのもあります。

 

パパはぜひキッチンに立ってみてください

料理をあまりしないパパにはぜひ料理することをおすすめします。料理はメリットばかりだと思います。まとめてみると

・段取力がつく。→仕事に活きる

・家事の分担になる→妻に喜ばれる

・まわりからなぜか褒められる

・料理がうまくなる→趣味にもなるし、友人にも振る舞える

・自炊になる→食費が浮きます

・「おやじの味」ができる

 

以上のような感じです。

一応デメリットはというと

・仕事後疲れたあとだとさらに疲れる

→まさに段取力を鍛錬し発揮する場です。世の中に時短レシピはたくさんあります。

・はじめはあまりうまくできない

→料理はアウトプットです。初めからうまくできる人はいないので、これは場数を踏むしかありません。でも、簡単レシピから初め分量を守れば、ほとんどまずいものはできないかとおもいます。

 

ということで、ぜひ世の中のパパたちに料理する人が増えればと思います。

 

ではまたね。