モリログ

本とか、食とか、旅とか、備忘のために 20代後半共働き夫のブログです

成人式の様子を見ていて感じたこと。

 

新成人の皆様、おめでとうございます。

本日お仕事の私ですが、勤務先の前を沢山の振袖、紋付袴、スーツ姿の若人達が歩いており、改めて若いって素晴らしいなって思います。

 

SNSで流れてくる成人式関連の動画ないし、写真をみて感じたことがあったので、

6年前に成人したすこし先輩からのアドバイスをひとつだけ、申し上げたいと思います。

 

「将来を見据えて自分のアタマで考えて責任ある行動しましょ。」

 

まぁこれは成人式で私よりもはるかに人生の先輩が仰ってるし、大昔から「大人=責任ある行動」という旨の話しがあると思うんだけど、近年この「責任」ってことばの重要さが増してる気がしてます。

 

具体的にいうと、成人式でやんちゃしちゃう人たち。これは昔からあったとは思います。そりゃ正式にお酒解禁になり楽しくなるのはいいと思うんですよ。人に迷惑かけなきゃ全然いいと思うんです。ただ、昔と今って明らかに置かれてる状況が違うと思うんです。

 

それは「インターネット」の存在。

 

昔はテレビだけで各地の「やんちゃ」を見かけてましたが、今となってはSNSでいろんな「やんちゃ」動画が投稿されています。そして拡散されてます

 

これって将来的に自分の首を締めるかもしれないことだって理解する必要があります。

昔は少し悪いことしても「拡散」されるリスクってほとんどなかった。でも、今となっては一瞬にして注目の的になる。テレビであれば、モザイクかけたりっていう配慮があったけど、個人が取る動画やんてだれもモザイクなんてかけない。だって、顔もろ出しの方がおもいろいんだもん。

 

自分で撮らずしても、周りの人が撮ることだって多いにあります。

そしてそれって拡散され、ネット上に残ります。

そんな「やんちゃ」な動画のせいで、将来の他人からの評価が下がるかもしれません。

これからの長い人生の中で、それってもったいないことじゃらないですかね。

 

多分今日の夜は、同窓会が各地で行われるんですかね。

くれぐれも節度ある行動で楽しんでください!

 

では、またね。

2018年抱負

 

あけましておめでとうございます。

 

新年の挨拶のイラスト(犬・ペア)

昨年は1月職種転換したり、ハワイでの結婚式をしたりなどでいろいろと変化がありました。いろんな変化がある年でした。
ブログのネタはたくさんあるはずなのですが、中々更新もできておらずです。継続力が私の永遠の課題です…

 

 

年末年始は例年同様、実家に帰省しております。既婚ですが、夫婦各々の実家です。

 

mon3221.hatenablog.com

 


お仕事もお休みなので、色々と考えました。仕事のこととか、ライフスタイルのこととか、お金のこととか。結構今悩んでる気がします。就職活動をしていた大学時代より悩んでいそうです。
悩むってことはそれだけ考えているってことだとも思うので、前向きにいこうとは思っております。
さて例年同様実家では今年やりたいことと2018年抱負を考えました。
そしてもう一つ、今まであまり長期目標を立てたことがないのですが10年長期の目標も決めました。

 

 

 

○10年以内の目標


「1,000万貯める」


ここ数年投資信託、個別株、ロボナビと色々少額ながら投資をやっておりますが、着実に増えている実感があります。数字で見ると大体20%超です。昨年は相場環境が良かったことはありますが、やはり増えると楽しいものです。今 は1,000万円には遠く及びませんが、頑張ろうかと思います。特に昨年は投資家ブロガーのたぱぞうさんのブログを読んで触発されました。ちょうど本日「30歳で1,000万円・・・」という記事がありました。私もがんばろ!

www.americakabu.com

 

計画としてはお金を「フロー」と「ストック」の2つを着々と増やしていきたいです。まず「フロー」とは給与所得です。10年かけて、(その後もですが)しっかり上げていきたいです。この1,000万円は投資に回し将来、不労所得を得るため設定した金額 ですが、そうは言っても今後数十年間の基本の収入は労働所得になるわけです。20代のうちにスキルを身に着け、年々フローも増やせるよう今の仕事に注力していきます。また、自分で管理できる「 支出」についても例年よりしっかり管理していければと思います。いまエクセルで毎月の家計の予実管理をしていますが、とりあえずつけてるだけって感じです。しっかり分析し、倹約につとめます 。コンビニコーヒーを買う習慣から減らしていきます。

 

○2018年の抱負

①時間とお金に余裕を持つ


社会人になってからというもの、自分の能力のなさに対し、あれもやりたいこれもやりたいと、なんでも詰め込んでました。しかし気づきました。あれこれやっても中途半端になるだけ。特に私みた な飽き性な人間は。去年とか色々手を出した結果、仕事の結果もなかなかでず、心の余裕がなくなり自己嫌悪に陥りました。なので心に余裕を持つため、時間とお金にも余裕をもつことにします。
たとえば日経新聞、社会人たるもの読まなければと思ってましたが、読むことが最近義務になり始めていると感じました。前の職種では会計や他社の財務情報を読んで勉強していましたが、最近はあまり読んでもという感じです。仕事柄、金融関連記事は読まなきゃいけないかもですが、もはやネットや雑誌でいいやという感じです。月4,500円ももったいないなと思うので思いきってやめて、他の自己投資に回します。あと、英会話も今やってましたが、しばし休みます。時間をとってやりたいのですが、時間に余裕がなく空回りしている感じがするので、いったんお休みです。今年春に1個資格に挑戦したいのでそれまではそれに集中することにします。日経新聞も、英会話もまた必要になったらやればいいのです。そんな心意気で今年は邁進します。


②キロクしそれを活かす生活


昨年から、先述のようにエクセルでの家計簿管理をしております。また、仕事も変わったこともあり、PDCAノートをつけるようになりました。また、手帳好きなので手帳でのスケジュール管理もしっかり行っています。ここで今の現状を見ると、しっかりキロクはできているのですが、そこから課題を見つけ検証改善するということができていません。PDCAノートは「PD」だけで終わることもしばし・・・(でもこのやり方はとてもはまっている!)

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

 

 

キロクについてはいわば「つけて満足」している状態です。これではただの時間の無駄ですよね…ですので今年はしっかりキロクしたものを、しっかり分析し仕事なり生活に活かし充実させるというのを目標にしていきたいと思っております。


③やりたいことリストをこなす、実施率80%目指す!


毎年年初はやりたいことを手帳に列挙しております。「あの有名な飲食店に行く」とか「単焦点レンズ買う」とかそんなことどうでもよそさうなことをリスト化しそれを1年通して実行していくというものです。いわば年間を通したTODOタスクリストですね。

 

mon3221.hatenablog.com

昔はPCで入力していましたが、最近はいつでも見れるようもっぱら手帳です。

 

ビジネスと生活を100%楽しめる!  陰山手帳2018(黒)

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2018(黒)

 

 

このリストの☑を年末に観て達成感を味わっております。昨年も書きましたが、実施率40%くらいでした。今までは比較的実施率が高かったのに去年は全然でした。お金が必要なこともたくさんあり経済的な面が大きかったのではと思いますが、もう一つ行動力が減ってしまったのかなとも感じています。結婚をしたこと仕事が変わり勤務地が都心ではなく郊外になったこと色んな要素が組み合わさり結果的に行動が減ってしまったんでしょう。でもこれって言い訳チックなので変化を楽しみ、今の環境で行動できるように考え方を変 えていきます。

 

今年は子供も産まれる予定なので、またガラッと環境は変わりそうですが、そのなかでも自分なりに行動し楽しんで成長できればいいなと感じております。
また、本ブログももう少し更新していきたいと思います。

本年も宜しくお願い致します。

 

帰省は各々で

我々夫婦は共に地方出身です。結婚して2年目ですが、年末年始の帰省はそれぞれの実家に帰ってます。

私はギリギリまで仕事なのですが、休職中の妻は本日帰りました。

多分常識的には夫婦揃って帰るのが一般的だとは思うのですが、各々帰っております。2点ほど理由があります。

 

  1. 気を遣わせたくない

結婚したとはいえ、やはり相手の家に行くと緊張します。また気を遣わせてしまいます。やはり、帰るからにはゆっくりしたいので、各々でいいかなとは思ってます。

ただ、やはりそれはまだ子供がいないからなので、子供産まれたら一家で帰省するとは思ってます。

今は大人2人しかいないので、気を遣いますが子供がいたら気を遣うなんて考えてる暇なさそうですし。

 

2.親との関わり

地方出身者の方、特に新幹線とか飛行機じゃないと帰れない方は特にだと思うのですが、年に数回しか親に会えません。あまり考えたくはないですが平均寿命で考えたとして、あと25年くらいの間に何回会えるって考えると50回?仕事とかの関係でさらに少なくなる可能性もある。これを考えると、個人差あるとは思いますが結構少ないって思ってしまいます。

やはり、ここまで育ててくれた親には感謝してますし、できる限り親孝行したいと考えたらき出来るだけ帰省したいと思っています。ただやはり経済的に考えると往復するだけで3万とか飛ぶのは痛いです。

 

 

 

ということで、ただいま私久しぶりの一人暮らしをしているのですが、すごく寂しいですね。この感じ。キングサイズベッドを独り占めできるとか考えてましたが、いつもと違う感じに慣れませんね笑

妻は来年里帰り出産を控えているので、数ヶ月また同じような状況になりますが、どうなることやら。とりあえず普段から家事は、やってるのでなんとかなるとは、思いますが。全国の里帰り出産をしている妻を持つご主人はどんな生活してるんですかね。

気になる。

 

では、またね。

営業力100本ノック②

北澤孝太郎 著 「営業力100本ノック」を読んでブログ主の考えをまとめてます。

 

Q6 自社のメインクライアントはどこかいえますか

 

前回がQ1でしたが、Q6になってます。

諸事情によって質問なので飛ばします…

 

主考

リテール分野なので、いろいろな方にお会いします。営業の仕事はいろんな人にあえていろんな考え方に接せられるというのを事前に聞いていましたが、実際いろいろな方とお話しさせていただいて、いろんな人生・価値観・考え方があるのだなあと感じていますね。ここは営業の魅力かもしれません。

これを書きながら思ったのですが、私のメインクライアントって、目の前の接客する方以外にもいるのかもしれないと思い始めました。取り扱っている商品は個別具体的に申し上げられませんが、その商品を通して目の前にいるお客さま以外、特にご家族に役に立てるかもしれないです。

つまり本問については、目の前のお客さんだけでなく、その家族、親族というのが回答ですね。

※完全自分向けの文章になってしまいましたね。でも書いてて考えが整理できました。

 

著者考

「今、最も支持されている顧客を知ることで顧客スタンスを保つ」

「顧客の変化はニーズの変化」

 

解説を読んで

顧客スタンスを深く洞察することが大切。これって営業の基本ですね。つまり聴くに徹し、何を考えているのかをしっかりこちらとしても理解しなければいけません。しかしこの「聴く」というのが難しいですね。何を聴けばいいのかどう話を続ければいいのか。できるだけ会話のキャッチボールを意識しているのですが、いつの間にかこちらが一方的に喋ってします状況になる。こうなると顧客ニーズなんて知れたもんじゃありません。しっかりお客様の声に耳を傾ける、この辺はほんと肝に命じてかなきゃいけません。

そうしてもう一つ。我々はお客様のニーズを商品を通して満たしてあげなければならない、つまりコンダクターなのですね。営業だと下手にでることもありますが、コンダクターなので、プロとして場合によってはしっかりお客さんを導いてあげなきゃいけません。

 

では、またね。

 

 

 

過去記事

 自分の考えを整理しながらブログにしています。

mon3221.hatenablog.com

 

 

営業力100本ノック①

 

「営業力100本ノック」という北澤孝太郎さんの著書を書店で手にとりました。

悩める新人営業にはとても勉強になりそうでしたので読んでます。 

営業力 100本ノック (日経文庫)

営業力 100本ノック (日経文庫)

 

 

何やら、営業について色々書かれている本ですが、一方的ではなく自分で考えながら読むスタイルらしいのでブログに自分なりの考えを乗っけていきたいと思います。100本あるからいつまで続くのやら…でもいずれ10年後とかいろんな経験してて、振り返った時にどうなのかもちょっと気になるので残していきたいと思います。

 
 
 
主考
「お客さまに商品、またはサービスを販売する仕事の一種。」
 
著者考
「営業は売る行為だけをいうのではありません。」
「営業の3要素を理解しよう」
→顧客創造(顧客が望むものを創造する、マーケティング活動、売る
 
著者解説を読んで
 やはり営業って奥深い仕事なんだなと感じます。それ以外の仕事が浅いというわけではありませんが。売るだけでないってことは、とても勉強になりました。ここで少し主について自己開示しましょう。
 
 私は今、営業の仕事をしています。販売しているモノをさらすと素性がばれてしまう可能性があるので、はっきりとは申し上げませんが、ざっくりいうとサービスの販売をしております。実際、「営業とは何か?」と聞かれても、上のような答えしか出てきません。
自分でも「なんか素っ気ないな」と感じてしまいますが、これは経験の浅さなのでしょうか?実は私、営業職になってから、まだ1年経っておりません。
 
 新卒で今の会社に入り、4年ほど内勤で管理部門、いってしまえば経理の仕事をしていました。元々、営業志望でしたが内勤勤務を経て今に至ります。
 
実際会計の仕事を0から学び4年という期間を過ごしたわけですが、今営業の仕事をして感じるのは、経理みたいな数字とにらめっこ的な仕事も悪くないのではと感じているのが現状です。
 
また内勤ということもあり会社全体の仕事もするのでとても俯瞰的で楽しさを感じていたのもいがめません。
 
今営業をしていてつまらないというわけではありませんが、向き合う先が、直接お客様ということで、内勤を鳥の目とたとえると、営業は魚の目というイメージをもってしまっています。
 
本来そんなことないんですけどね…なんか自分って営業あってないのかなともやもやしてしまう日々を送っているのが現状でもありますね。
 
成績もなかなか伸び悩んでるし。
 
最近はネットとかでそんなこといっているのなら「さっさと仕事変えてしまえ」って感じの意見もネットで見かけますが、やはりまだ営業職自体1年もやってないのでまだまだ分からない点も多いのかなあと思い、続けてはおります。
 
実際楽しいこともあるし。モノコトを売るだけではないとスッと感じられる日が来ればいいなと今の仕事をしてきたいものです。
 
 

では、またね。

 

「生涯投資家」を読んで

村上ファンドの真実

あの世の中を騒がせた村上ファンドの代表を務める村上世彰さんが書かれた著者の株式投資や企業のあるべき姿について書かれた本。

 

生涯投資家

生涯投資家

 

 

村上ファンド=金儲けの悪い人達って印象のお持ちの方、そして投資をやっている方はぜひ読むべき本だと思います。村上さんの日本の投資環境、企業環境、体制における熱い思いを感じることができます。

私自身、村上ファンドが問題になった当時は中学生くらいだったので当時のニュースを見ても「ああ金儲けして捕まったのね」っていう印象だけで、村上さんは悪いことをした人だと認識しておりました。最後まで読んで、間違った認識をもっていたんだとかんがえさせれました。村上さんがいたからこそ、企業統治の体制が進んできているのではとも思いました。単純に村上さんはコーポレートガバナンスの体制を整えようとしていたがゆえに世間から目をつけられたんだなって感じです。

コーポレートガバナンスとは

コーポレート・ガバナンスとは、企業の不正行為の防止と競争力・収益力の向上を総合的にとらえ、長期的な企業価値の増大に向けた企業経営の仕組み。日本語では企業統治とも訳される。引用 ウィキペディア

いわゆる企業経営を監視する仕組ですね。これが当時の日本はできていなかった。(厳密にいえば、東芝の例にもあるように、仕組みだけあって運用はされてないのが現状かと思いますが・・)本来企業の「経営と所有は分離」というのが本来あるべき姿ですが、日本企業は企業経営者の保身のために持ち合いなどをしていてそれをなんとかしなきゃってのいうが村上さんの思いだったのですね。

保身をしていて何が悪いかって、資金が循環しないことがよくないということなんです。投資家が出資したお金を使って、企業がしっかり経営し利益をだし企業価値をうみだしていく、それを投資家に還元する。本来あるべき株式会社の姿ってこんな感じなんですよね。ホントこういう企業増えれば、お金の循環する世界作れます。私も微々たるものですが株投資しています。最近は株主にしっかり向き合ってくれて価値を与えてくれる会社を見るようにしています。

 

投資や運用に抵抗感ある方に、村上さんの言葉で締めます。

 

「投資こそ将来への貯蓄」

 

 

では、またね。

朝起きるためにやったこととその検証

朝なかなか起きられない主です。起きられないというよりは1度目は覚ますのですが、二度寝の気持ち良さをやめられないのであります。ということでいろいろなことを試しております。その検証結果を、二度寝に悩める同志に向けて発信していければと思います。個人的に感じた効果を⭐️を使って五段評価して行きます。あくまでも個人的な感想にはなります。

 

 

 

f:id:mon3221:20171209094534p:plain

 

ガムを噛む

⭐️⭐️⭐️

一定の効果はあるものの、日によっては❌

起床時にミント系のガムすぐに噛みます。やり始めは効果ありました。しかし、慣れてくるとガムを噛みながら寝ていることもありましたね笑

カフェイン系で刺激強い奴がやはりおすすめですね!

 朝起きて噛みながら身支度とか家事とかするとより効果的な気がします。

 

 

目覚まし時計を遠くに置く

⭐️⭐️

目覚ましは枕元に置くのが一般的ですが、敢えて歩かせるために隣の部屋に置きました。これについてはほぼ毎日スイッチを切って二度寝するいうルーティーンが出来上がっています。時々、二度寝せずにすみます。

 

 

 

 

目薬

⭐️⭐️⭐️⭐️

結構効果はある気がします!やはり目が重たい、つまりこれって目が乾燥してるんですよね。それを目薬で潤してあげることによって目がだいぶ覚めます。目薬もクール系を選ぶのがいい気がします!

個人的に一番刺激が強いのはこのサンテFXネオですね!

 

 

【第2類医薬品】サンテFXネオ 12mL

【第2類医薬品】サンテFXネオ 12mL

 

 

 

上の3つをしっかりやれば結構起きられる気がします。

目覚ましは隣の部屋に置き、その目覚ましの隣に目薬とガムを置く。目覚ましを止めたら目薬を差しガムを口に放りこむ。こんな感じです。 

 

さてまだまだありますよ

 

サプリメント

⭐️⭐️⭐️

どなたかのブログで勧めていた、サプリを飲んでいます。

こちらです

リフレのぐっすりずむ ― 健康食品のリフレ

 

なにやらテアニンという物質が睡眠の質を高めてくれるらしいです。

 

ネットで調べるとこの物資は副交感神経に作用するようです。この副交感神経が眠りの質のキーポイントというのはもう有名な話ですね。

テアニンは副交感神経を優位にし、リラックス効果があります。 テアニンが体に入ると、脳を経由してリラックス神経である「副交感神経」を優位にする働きがあります。

 

さて服用してての効果ですが、いまいちわからないのが本音です。ただ睡眠の質はしっかり確保できてるかはします。私の問題は朝二度寝してしまうことなのですが、睡眠の質が深いということは二度寝しないという考え方でいると、実際はまだまだ、質も低いのかなとも思ってしまいます。ランニングコストが付き2600程度かかるので悩みどころですが、長期での使用で効果が出るという話も聞くので引き続き、これについては引き続き検証して行きます。

 

 

念じる

⭐️⭐️⭐️⭐️

これ冗談のように聞こえますが、効果意外とあります。

寝る前に「明日6時に起きる」など10回くらい念じます。声に出すとより効果ある感じはします!

英語の音読の重要性と同じように自分で発生して自分の耳で聞き認識するって大事なようです!

 

起きてすぐ電気をつける

☆☆☆☆

もはやすっきり起きる為に光を浴びるっていうのは、睡眠に悩める人の常識ですね。窓を開けたりするのも効果的ですね。

自動的にカーテンを開けてくれるツールも出てるみたいですね!

 

 

太陽の光が一番いいですが、天候によっては暗い日もあります。習慣づけるといった意味では朝明るくても部屋の電気を起きたらすぐつけてあげた方がいい気がします!

 

アイリスオーヤマ LED シーリングライト 調光 タイプ ~6畳 CL6D-5.0

アイリスオーヤマ LED シーリングライト 調光 タイプ ~6畳 CL6D-5.0

 

 

今は光目覚ましというのもあるみたいです。個人的に使用してみたいですが、同室の妻を起こしてしまいそうなので、厳しそうです。

 

ムーンムーン(moon moon) 光目覚まし時計 OKIRO(オキロー) 光で起きてスッキリ目覚め シルバー
 

 

色々検証しているけど・・・

いろんなこと検証していますが、寝起きしっかり起きるためには次の2つがしっかりできればいいのではないかと思います。

①早寝の習慣化

基本中の基本ですね。でもこれを習慣化するのってホント大変ですよね。仕事して家事をして自分の時間を確保してとやっていたら、寝る時間を削らざる負えません。でも早く寝て疲れを取って翌朝無駄に寝ることなく朝一からしっかり活動できるサイクルさえつければ、朝起きれないで悩むこともないですね。アタマ分かっていても難しい。

ドーパミンが出るようなことに取り組む

私、この起きれないって悩みここ3年くらいのものなのですよね。社会人1年目とかは4時に起き6時台には会社行ったりしていて、朝起きれない問題からはかけ離れた人だったんです。これってなんでだろって考えたんですが、何か楽しみとかやる気があったからなのではないかと思うんです。つまり「明日が楽しみ」って気持ちを持つことが大切ってことです。今はありきたりな社会人生活になり刺激がないのだと思います。そういった意味ではやはり「楽しみを探す」だったり、「何かにチャレンジする」っていう意識だったりっていうのが、生活を豊かにしそれが早起きにつながるのではないかとも最近思い始めました。

 

まあいずれにせよ、20代の貴重な時間を有意義に使えるよう朝時間の確保方法の模索はしっかり続けていきたいと思います。